小林敬幸税理士事務所は、神戸、大阪を中心に活動している、神戸市東灘区御影の会計事務所です  個人情報の取扱  特定商取引法に基づく表記  サイトマップ
お問い合わせはこちらまで
Tel:078-766-0801
メールはこちらから→
神戸 小林会計事務所 タイトルバナー


神戸 税理士 個人事業者・フリーランスのための小さな会社をつくるメリット・デメリット
22年9月22日発売
24年12月第2刷です

神戸 会計事務所 3日でマスター!個人事業主・フリーランスのための会計ソフトでらくらく青色申告
21年10月16日発売
28年9月第13刷です

小林敬幸税理士事務所
〒658-0047
神戸市東灘区御影1−8−31
上御影ハイツ205
Tel:078-766-0801
Fax:078-766-7386
E-Mail:
info-kobatax@kcc.zaq.ne.jp

トップ>>パソコン会計導入応援
★★自社(自分)で帳簿をつける場合は、パソコン会計の導入が圧倒的に便利です★★
会計ソフトでは、「おこづかい帳」と「売上・仕入の管理表」が入力できれば、ほぼOKです

会計ソフトと聞くと、「難しそう」や「簿記の知識が必要なのでは・・・」と思ってしまうかもしれませんが、実は「おこづかい帳」と「売上・仕入の管理表」が入力できれば、ほとんどOKです。

会計ソフトで主に入力が必要なものは、次の4つです。

・「現金出納帳」

・「預金出納帳」

・「売上帳」

・「買掛帳」


「現金出納帳」と「預金出納帳」は、それぞれ現金と預金の入出金を入力するだけの「おこづかい帳と同じ表」になっています。

「売上帳」と「買掛帳」は、売上と仕入の請求額と入金・支払額、未入金・未払金の残額を管理する「売上・仕入の、請求額と入金・支払額の管理表」になっています。

4つとも簿記の知識がなくとも足し算・引き算だけで作成できます。この4つの入力方法が理解できれば、帳簿の入力は9割がたできることになります。
経理の知識は必要ありません。当事務所は簿記が分からなくても、会計ソフトで経理ができるよう指導させていただきます。
当事務所の税理士は、多くの方にパソコン会計の導入を指導してきた経験を活かし、
「3日でマスター!個人事業主・フリーランスのための会計ソフトでらくらく青色申告」
という、初心者が会計ソフトを使用して3日で帳簿の付け方をマスターするためのマニュアル本を出版しています。

「会計ソフトをいかに簡単に使いこなすか」というノウハウには自信をもっております。会計ソフトの導入は、当事務所に是非お任せください!


★論より証拠!実際の入力例を見てみましょう。

※当事務所の税理士の経験ですが、大体3回ほどご指導させていただくと、ほとんどの方が自分自身で入力できるようになります。
当事務所のパソコン会計導入は、次の手順で行います

(1)会計ソフトを購入していただきます

すでに会計ソフトを導入済みの場合には、その会計ソフトを使用します。まだ購入していない場合

 法人については「弥生会計Standard」

 個人については「やよいの青色申告」

 という会計ソフトを購入して頂きます。

※当事務所では、これらのソフトを小売店で購入するより安価に提供することが可能です。
必要な場合には、お気軽にお申し付けください。
詳しくはこちらのページを参照ください



(2)パソコンの準備をお願いします

 「弥生会計」又は「やよいの青色申告」を導入いただく場合、インストールするためのパソコンを準備していただきます。

 動作環境は以下のとおりです。

・日本語OS=Microsoft Windows Vista/XP/2000

・Webブラウザ=Microsoft Internet Explorer 6.0SP1 以上必須

・対応機種=上記日本語OS が稼動するパーソナルコンピュータ

         (Pentium III 800MHz 以上を推奨)

・メモリ=Microsoft Windows Vista :512MB 以上(1GB 以上を推奨)

      Microsoft Windows XP/2000:128MB 以上(512MB 以上を
      推奨)

・ディスプレイ=本体に接続可能で上記動作OS に対応したディスプレイ
          、解像度:1024 × 768 以上必須

・ディスクドライブ=CD-ROM ドライブ必須

・ハードディスク=必須空き容量 180MB以上(データ領域は別途必要)



(3)基礎資料の準備をお願いします

前期の財務諸表をご用意下さい。

 1、決算書・帳簿書類

 法人の場合、「総勘定元帳」「決算書」「確定申告書」「消費税申告書」

 個人の場合、「総勘定元帳」「青色申告決算書」「確定申告書」
         「消費税申告書」

 等です。

 2、証憑書類等

 指導の際、実際の資料をもとに指導させていただくので、
 売上請求書、仕入請求書、経費請求書・領収書等、預金通帳などの書類をご用意ください。

 ※新しく事業を始めた方については、「決算書・帳簿書類」は必要ありません。



(4)導入作業

・当事務所の税理士がお客様のもとに伺って、1〜2時間程度指導させていただきます。

・初回は購入いただいた会計ソフトを、お客様のパソコンにインストールいたします。インストール自体は10分程度です。
 また初回は会計ソフトの基本設定を行います。

・基本設定終了後、資料の一部をご一緒に入力して頂き、入力作業を覚えて頂きます

・その後お客様が一通りデータ入力ができる様になるまで 毎月または隔月に1回、操作方法及び会計処理を指導させて
 いただきます。



(5)アフターフォロー

・導入後、使い方が分からない場合などは、随時電話・電子メール・FAXでのお問い合わせに対応いたします。

・Skypeを導入していただいているお客様については、Skypeを利用して、パソコンの画面を見ながらのお問い合わせにも対応可能です。

Skypeについては、こちらのページで詳しく解説しています



(6)報酬

(1)法人のお客様の報酬」、「(2)個人のお客様(事業所得・不動産所得)の報酬」の毎月の報酬に含みます。
別途料金はありません。

→報酬表はこちらです。



お問い合わせはこちらまでお願いいたします


トップに戻る