小林敬幸税理士事務所は、神戸、大阪を中心に活動している、神戸市東灘区御影の会計事務所です  個人情報の取扱  特定商取引法に基づく表記  サイトマップ
お問い合わせはこちらまで
Tel:078-766-0801
メールはこちらから→
神戸 小林会計事務所 タイトルロゴ


神戸 税理士 個人事業者・フリーランスのための小さな会社をつくるメリット・デメリット
22年9月22日発売
24年12月第2刷です

神戸 会計事務所 3日でマスター!個人事業主・フリーランスのための会計ソフトでらくらく青色申告
21年10月16日発売
28年9月第13刷です

小林敬幸税理士事務所
〒658-0047
神戸市東灘区御影1−8−31
上御影ハイツ205
Tel:078-766-0801
Fax:078-766-7386
E-Mail:
info-kobatax@kcc.zaq.ne.jp

トップ>>法人向けサービス>>節税対策>>従業員への決算賞与は未払でも経費にできる
従業員への決算賞与は未払でも経費にできる
★ポイント

 ・次の要件を満たす従業員への賞与は、決算日時点で未払でも経費にできる

  1、期末までに支給額を従業員別に、かつ、支給を受けるすべての従業員に通知していること

  2、通知額を翌期首から一カ月以内に、通知したすべての従業員に対して支払うこと

  3、当期中に、通知額を経費として未払い計上していること


●従業員に対する決算賞与は未払いでも経費にできる

予想外の利益が出てしまった場合の節税対策として使える方法の一つが、この従業員への決算賞与です。

ただ決算賞与の本来の目的は、予想外の利益達成に貢献してくれた従業員の労苦に報いることです。決算賞与を従業員に支払うと節税にもなりますが、その一方でお金は会社から出て行ってなくなってしまいます。

決算賞与を払って会社の資金繰りが苦しくなってしまっては本末転倒になってしまうので、従業員への感謝の気持ちを第一に、無理のない範囲で払うのが上手な使い方だといえましょう。

またいうまでもないことですが経費になるのは従業員の賞与だけで、役員に対する賞与は支払っても経費になりませんので注意しておきましょう。


●未払い賞与を経費にするには、次の3要件を満たす必要がある

この決算賞与ですが、期末時点で未払いの場合、次の3要件を満たす場合には経費にできます。

  1、期末までに支給額を従業員別に、かつ、支給を受けるすべての従業員に通知していること

    →決算日までに賞与の支給明細を作成し、従業員に渡しておくようにしましょう。

  2、通知額を翌期首から一カ月以内に、通知したすべての従業員に対して支払うこと

    →支給明細で通知した金額を、そのまま支払う必要があります。

  3、当期中に、通知額を経費として未払い計上していること

    →当期の決算で、賞与として未払い計上しておく必要があります。



当事務所は適切な月次決算に基づき、毎月または隔月で利益予測・納税予測を行い、余裕をもってお客様の現状に応じた節税策を提案させていただきます。


「節税対策」一覧に戻る