小林敬幸税理士事務所は、神戸、大阪を中心に活動している、神戸市東灘区御影の会計事務所です  個人情報の取扱  特定商取引法に基づく表記  サイトマップ
お問い合わせはこちらまで
Tel:078-766-0801
メールはこちらから→
神戸 小林会計事務所 タイトルロゴ


神戸 税理士 個人事業者・フリーランスのための小さな会社をつくるメリット・デメリット
22年9月22日発売
24年12月第2刷です

神戸 会計事務所 3日でマスター!個人事業主・フリーランスのための会計ソフトでらくらく青色申告
21年10月16日発売
28年9月第13刷です

小林敬幸税理士事務所
〒658-0047
神戸市東灘区御影1−8−31
上御影ハイツ205
Tel:078-766-0801
Fax:078-766-7386
E-Mail:
info-kobatax@kcc.zaq.ne.jp

トップ>>法人向けサービス>>現物給与を活用した節税対策>>残業する従業員に食事を提供しよう
残業をする従業員に食事を提供しよう
★ポイント

 ・使用人の残業の際に提供する食事の費用は、経費にできる

 ・食事そのものを提供する限り、金額の制限はない

 ・現金を渡すと、給与として所得税がかかる

 ・役員には残業(時間外労働)がないため、この適用はない


●残業をしてくれる従業員には、食事をだしてあげましょう

こちらも従業員の福利厚生面から有効な方法です。

残業や宿日直などで、通常の時間を超えて勤務してくれる従業員に対して、その勤務のために必要な食事を提供する場合、この食事代は福利厚生費として、会社の経費にすることができます。

残業手当は課税対象ですが、こちらの食事の費用は課税対象にはなりません。残業手当に加えて従業員に報いる場合には、食事を提供してあげましょう


●食事そのものを提供する必要があります

この適用を受けるためには、残業する従業員に「食事そのもの」を提供する必要があります。現金で食事代を支給すると、給与と同じく所得税の課税対象となってしまうので注意しましょう。


具体的には、下記のような方法で残業者に食事を提供することになります。

 ・会社にお弁当や出前を配達してもらう

 ・会社に調理場がある場合には、食材を買って調理して提供する

 ・従業員に自分で食事を買ってきてもらって、それを後で会社の経費として精算する。

なお、残業者のうち深夜勤務者の夜食代として、1食当たり315円(税込)以下の金額の支給も課税対象にはなりません。


●役員の食事代には、適用がない

この非課税となる残業時の食事代ですが、役員の夜食代などには適用されません。

従業員と違って、役員には定まった労働時間がないため、残業(時間外労働)というもの自体がありません。それゆえ、残業時の食事を提供することはできないことになります。



「現物給与を利用した節税対策」一覧に戻る